スポンサードリンク


2017年09月16日

ベッツイ&クリス

2017年9月16日(土)
 ベッツイ&クリスをご存知の方はアラカン世代ですね。デュオのシングル盤でとても魅力的なのがこの1枚です。魅力的なのは写真の方なんですけどね。レコードは1970年2月発売の2枚目のシングルです。ということは二人とも17歳ぐらいですね。そんなに古臭い感じはしませんね。


s400_400_DSC_0417.jpg

s500_375_DSC_0421.jpg


どちらがベッツイでどちらがクリスなのか、ずっと知らなかったのですが、上の画像の手前にいる方がベッツイで、声で言えば高い主旋律を歌っている方。奥にいるのがクリスでギターを弾いてハモッている方です。

ベッツイ&クリス(Betsy & Chris)
ベッツイは、エリザベス・ヴァージニア・ワーグナー 1952年9月4日生まれ(65歳)
クリスは、クリスティーン・アン・ロルセス 1952年6月25日生まれ(65歳)

デビュー後まもなく50年になろうとしています。デビュー曲の「白い色は恋人の色」(1969年10月1日発売)は今でも鮮明に覚えています。こんなに清楚な人がいるのかと思いました。しかも外人だし。

s300_300_2008_1029_01 018.jpg


彼女たちのレコードは、LPが2枚、シングルが3枚持っています。たまに聞くと良いんですこれが。心が洗われるというのはこんな感じなのでしょう。これらのレコードをヤフオクで手に入れて早や10年が経とうとしています。


ベッツイは、ハワイを拠点に再び歌手として活動しており、クリスはハワイで音楽教師として活躍しているそうです。日本での活動期間は1969年から1973年まででした。


BGMにこんなのを聞きながらもいいものです。






posted by キラリ at 14:43| Comment(0) | TrackBack(0) | レコード

2017年09月01日

スピーカーエッジ軟化剤 いろいろ

2017年9月1日(金)
ジャズレコードコレクションの購読を止めたらブログも遠ざかってしまいました。今日は久しぶりに軟化剤ネタを書いてみます。

昔のスピーカーはウレタンエッジかクロスエッジが多いです。ダイヤトーンは、ほぼクロスエッジです。クロスエッジは数年で硬くなってしまい、指先で押してもエッジが硬いのが分かり、凹まないくらいになることがあります。

その原因は、クロスエッジの裏に塗ってある「ビスコロイド」というダンプ剤のせいです。

ダンプ剤とは言いますが、クロス(布)エッジは空気を通すので、その目止めとして空気を通さないように気密を高めるために使っていたものです。

これが、最初はやわらかいゴム状のものなのですが、年数の経過とともに硬貨が始まり、数年で硬くなってしまうのです。昭和の時代のダイヤトーンなんて、ビスコロイドがカチカチに固まっています。

これが何で悪いかと言うと、コーンの動きを妨げて、低音が出なくなるからです。25cmや30cmのウーハーなら、部屋を揺るがすような低音が出るはずですが、おとなしい低音しか出なくなってしまいます。

長い前置きはこれくらいにして、カチカチになったビスコロイドをどうやって対応するかを書いて見ます。

先ずは、ウーハーユニットが外れる場合

ユニットのエッジの裏面から軟化剤を筆で塗ってビスコロイドを溶かし、軟化したらスプーンの先などでこそげ落として、仕上げにゴム系のダンプ剤(気密を確保するため)を塗ります。

溶かすためには、ネットでよく見るのは、100円ショップで売っている「強力瞬間接着剤はがし液」や「ジッポーオイル」などです。ブレーキフルードはおすすめしません。
⇒ ZIPPO(ジッポー) オイル 小缶 133ml

ダンプ剤としては「セメダインスーパーX」や液体ゴムの「ユタカメイク 液体ゴム クリア チューブタイプ 70g BE2-6」などです。これらを混ぜ合わせている方もいます。ダンプ剤をエッジの裏に塗ったら完了です。
⇒ ユタカメイク 液体ゴム クリア チューブタイプ 70g BE2-6

次に、ウーハーユニットが外れない場合

ユニットが外れなければ、ビスコロイドを軟化させるだけです。表面からエッジに軟化剤を塗ります。コーンに垂れないように注意します。コーンに垂れると、エッジとコーン紙の接着が剥がれることがあります。

塗って30分もすれば、低音が出てくるのが実感できます。2回目は1週間後ぐらいに塗り、3回目は1ヵ月後ぐらい、4回目は3ヵ月後ぐらい、5回目も3ヵ月後ぐらいと、だんだんに間隔をあけていきます。

このぐらいになると、軟化したビスコロイドがやわらかさを保てるようになるので、以後は半年に1回ぐらい塗れば良いと思います。

ただし、すべて自己責任でお願いします。ダイヤトーン系は先ず失敗しないと思いますが、高価なプレミアが付いたユニットは、エッジがシワシワになったという方がネットに出ていましたから。


いまのところ、安心しておすすめできるのは、ヤフオクで「スピーカーエッジ軟化剤」として出ている商品です。1,500円ぐらいでいろいろあると思います。

成分が明らかにされていませんが、おそらく、アセトン、アルコール、グリセリンなどを適量にミックスしたものと思われます。原価は100円もしないかもしれません。

でも、3年から5年分ぐらいの分量があるので、自分でアルコールなどを買い集めて試行錯誤するよりは全然手軽です。


注意点をもう一度。

エッジ軟化剤が使えるのはクロスエッジのみです。

ブレーキフルード(俗に言うブレーキオイル)がよく使われていますが、主成分であるポリエチレングリコールモノエーテルが人体に有害なため、使用はおすすめしません。




posted by キラリ at 12:09| Comment(0) | TrackBack(0) | ダイヤトーン

2017年05月06日

ジャズレコードコレクション No.16

2017年5月6日(土)雨模様
定期購読最後になったNo.16号です。
マイルスデイビスの「アラフェンス協奏曲」。
LPの名前は、「スケッチ・オブ・スペイン」です。当時のジャズとしては極めて異色だったのではないでしょうか。ロドリゴが作曲したクラシック音楽を痛く気に入ったマイルスが、ギルエバンスに編曲を依頼して苦労して作り上げたアルバムです。

s300_300_IMG_5159.jpg

ジャズらしくない旋律に、マイルスが吹くトランペットはジャズらしくスコアを気にしない演奏が不思議と合うんですよね。

s30_300_IMG_5161.jpg

1959年から1960年に録音されています。

s300_300_IMG_5163.jpg

休日の午前中にゆったりと聞くジャズ。至福のひとときです。
デアゴスティーニのシリーズは、品質の良いレコード盤です。最初は傷のあるレコードが配達されたこともありましたが、レコード盤自体は音質も問題なくハイレベルです。

中にある小冊子には、ジャズマンの生い立ちや経歴などが興味深く書かれていて、捉えどころのないジャズ史がよく分かります。とてもいい資料です。

ネックは値段ですね。1枚2,980円(税込)はジャズレコードとして高くはないですが、中には食指の湧かないレコードも多くあります。Youtubeなどで曲を探して、聴きたいと思われるレコードを選んで購入するのが良いと思います。


posted by キラリ at 14:42| Comment(0) | TrackBack(0) | レコード

2017年04月30日

ジャズレコードコレクション 14号 15号

2017年4月30日(日)
明日は5月ですね。早っ!
この間にジャズレコードコレクションNo.14とNo.15が届いていました。

No.14
Indeed!/インディード!
LEE MORGAN/リー・モーガン
ブルーノート・1957年
s300_300_2017_S120_0422_2017-04-22_008.jpg

s300_300_2017_S120_0422_2017-04-22_012.jpg

s300_300_2017_S120_0422_2017-04-22_016.jpg


No.15
Alfie/アルフィー
SONNY ROLLINS/ソニー・ロリンズ
インパルス・1966年
s300_300_2017_S120_0422_2017-04-22_005.jpg

映画「アルフィー」(1967年)の音楽を任されたソニーロリンズ。でも主題歌「アルフィー」はバートバカラックの作曲となりました。ソニーロリンズの曲は主題歌としては採用されなかったんですね。A面1曲目の「アルフィーのテーマ」は派手さはないんですが、いい曲だと思いました。

s300_300_2017_S120_0422_2017-04-22_009.jpg

s300_300_2017_S120_0422_2017-04-22_014.jpg


今回はじっくりと聴きこんでいないので、コメントは後日追加します。創刊号からNo.15までの購入で、読者プレゼントのレコードクリーナー&クリーナークロスが一緒に入っていました。

s300_400_2017_S120_0422_2017-04-22_002.jpg

私自身は、化学製品のクリーナーは使いませんが、もらえるのはうれしいものです。レコードをきれいにするときは、脱脂したガーゼをぬるま湯で濡らして硬くしぼったもので、ていねいに盤面を拭きます。脱脂したガーゼは糸くずが出ないのが特徴です。

最近は好きなLPが入っていなく、最初の予定だったNo.15まで購読したので、次のNo.16マイルスデイビスで定期購読をやめることにしました。あとは、欲しい盤を単品で購入します。

ただ、このシリーズはジャズの指標としてとても良いシリーズです。聞いたことがないミュージシャンの聴いたことがない曲でも、とても素晴らしい曲に出会うことはよくあります。案外知っている曲だったりします。余裕のある方は全シリーズをそろえるのも面白いと思います。全85号までの予定で、総額25万円弱にもなりますが、財産としても素晴らしいものです。

そうこうしているうちに、No.16 マイルスデイビスが届いてしまいました。



posted by キラリ at 16:54| Comment(0) | TrackBack(0) | レコード

2017年03月18日

ジャズレコードコレクション 12号 13号

2017年3月18日(土)
 春めいてきました。リスニングルームは12℃ぐらいになり、レコードが聴ける環境になってきました。

 ジャズレコードコレクション12号はビル・エヴァンス「TRIO 64」。
 ヴァーヴレコード・1961年録音です。

 ラファロ亡き後、ようやく立ち直りかけたビル・エヴァンス。ベースにゲイリー・ピーコックを加えてのレコーディングです。1曲目の「リトル・ルル」が素晴らしくいい出来。今までのビルエヴァンスとは違う明るさがあります。「ワルツフォー・デヴィ―」とはまた違った良さですね。

s300_300_2017_S120_0318_2017-03-13_001.jpg

A面
Little Lulu 3:40
A Sleepin' Bee 4:39
Always 4:00
Santa Claus Is Coming to Town 4:22
B面
I'll See You Again 3:52
For Heaven's Sake 4:22
Dancing in the Dark 4:35
Everything Happens to Me 4:35

ダンシング・イン・ザ・ダークとエブリスィング・ハプンズ・トゥ・ミーの評価が高いようです。耳を奪われるほどでもないような気がしましたが、また聴きこんでみます。

ビル・エヴァンス/ピアノ
ゲイリー・ピーコック/ベース
ポール・モチアン/ドラム

s300_300_2017_S120_0318_2017-03-13_003.jpg


 ジャズレコードコレクション13号は、オーネット・コールマンの「ニューヨーク・イズ・ナウ」
 ブルーノート・1968年録音です。
 これじはまだ聴いていません。内容は後程に。

s300_300_2017_S120_0318_2017-03-13_008.jpg

A面
The Garden of Souls 14:03
Toy Dance 7:32
B面
We Now Interrupt for a Commercial 3:26
Broad Way Blues 8:43
Round Trip 6:19

オーネット・コールマン/アルト・サックス&ヴァイオリン
デューイ・レッドマン/テナー・サックス
ジミー・ギャリソン/ベース
エルヴィン・ジョーンズ/ドラム

s300_300_2017_S120_0318_2017-03-13_007.jpg

 15号で定期購読をいったん止めようか迷っています。あまり興味の湧かない盤もかなりあるからです。でもジャズは聴いてみないと分かりません。第5号のデイヴ・ブルーベックのような素晴らしい盤もありました。こういう盤との出会いは、こういうシリーズものでないと味わえません。それにディアゴスティーニの盤の出来は素晴らしいです。もう少し安ければいいんですけどね。


ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村
にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村






  
posted by キラリ at 20:36| Comment(0) | TrackBack(0) | レコード

2017年02月26日

ジャズレコードコレクション 10号 11号

2017年2月26日(日)
 2週間ほど前に届いていたのですが、リスニングルームが厳寒のため聴くのが延び延びになっていました。10号はサラ・ヴォーンです。1954年30歳のときの録音で、ハスキー気味の非常に色っぽい声です。モダンジャズばかりでなくポップス系でも活躍した歌手です。これは本格ジャズヴォーカルです。1曲目の「バードランドの子守唄」に引き込まれました。

s300_300_2017_S120_0225_2017-02-25_001.jpg

 サラ・ヴォーン・ウィズ・クリフォード・ブラウン
 サラ・ヴォーンは1990年4月3日に66歳で逝去しています。
s300_300_2017_S120_0225_2017-02-25_003.jpg

 マーキュリー・レコード・レーベルです。
s300_225_2017_S120_0225_2017-02-25_005.jpg


 11号はアート・ブレーキ―。1958年の録音です。1曲目の「モーニン」は聴いたらだれでも知っている有名な曲で。一気に引き込まれます。明るさを感じるモダンジャズです。新しい音楽監督ペニー・ゴルソンのもとで新生なったアート・ブレーキ―とジャズ・メッセンジャーズ。

s300_300_2017_S120_0225_2017-02-25_008.jpg

 アート・ブレーキ―とジャズ・メッセンジャーズ(JM)
 ドラマーだったアート・ブレーキ―は1990年10月16日に71歳で逝去しています。
s300_300_2017_S120_0225_2017-02-25_010.jpg

 ブルーノート・レーベルです。
s300_225_2017_S120_0225_2017-02-25_013.jpg


 定期購読者向けのおまけ。レコードを入れる袋です。これ、必要でしょうか? デアゴスティーニのレコードは紙袋に入っているので、この袋を使うことはまずありません。つけてくれるのならレコードを入れるビニル袋(⇒2016年11月19日の記事)の方がありがたいです。

s300_225_2017_S120_0225_2017-02-25_011.jpg


 FT40Hのホーンの味わいが素晴らしい。キンキンしないしっとりとした感じさえあります。特に金管が生々しくドラマティックに聞こえます。11年前にタンノイ・チェビオットと出会うまでは、ツイータはソフトドームだと思っていましたが、いい意味でホーンツイータの存在感を知らしめてくれたのがタンノイでした。あれ以来、ツイータはホーンがお気に入りです。

 ベースも素晴らしくよく響いています。季節ごとの軟化処理なので、そろそろ処理の時期かもしれません。


ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村
にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村





posted by キラリ at 21:33| Comment(0) | TrackBack(0) | レコード



スポンサードリンク