スポンサードリンク


2019年08月16日

おばあちゃんはジャズドラマー

2019年8月16日(金)
 Youtubeを見ていて偶然に見つけたタイトルに惹かれてみて見てみました。感動しました。

 ジャズの本場、ニューオーリンズに孫に連れられて行ったおばあちゃんが、飛び入りでドラマーに。




 興味がわいたら完全版も面白いです。若かりしおばあちゃんがすごい美人。




posted by キラリ at 10:17| Comment(0) | TrackBack(0) | モダンジャズ

2019年07月27日

ジュリー・ロンドン アラウンド・ミッドナイト

2019年7月27日(土)
 ジャズLPレコードコレクションの第74号がジュリーロンドンだったので買い求めました。LPの名前は「アラウンド・ミッドナイト」です。

s300_300_DSC_0201907_163.jpg

 ジュリーロンドンは、1926年9月26日アメリカ・カリフォルニア州生まれ。2000年10月18日に74歳で逝去しています。歌手であり女優でした。

 このLPは、1960年8月に録音されています。収録されている曲は、当時のアメリカンヒットナンバーばかりとのことです。どうしてもムード音楽のように聞こえるのは、猛暑の夏に聴くからでしょうか。

s300_300_DSC_0201907_167.jpg


 でも、曲によっては間違いなくジャズですね。低めのハスキーボイスが魅力です。

s300_300_DSC_0201907_171.jpg

A面
1 ラウンドミッドナイト
2 ロンリー・ナイト・イン・パリ
3 ミスティー
4 ブラック・コーヒー
5 ラッシュ・ライフ
6 イン・ザ・ウィー・スモール・アワーズ

B面
1 ベットで煙草は良くないわ
2 あなたと夜と音楽と
3 サムシング・クール
4 ハウ・アバウト・ミー
5 バット・ノット・フォー・ミー
6 ザ・パーティーズ・オーバー

 ほぼ全曲がスタンダードソングです。多少スイングめいた曲調があったり、ジャズっぽく聞こえる曲もあります。ただ、ジュリーの優しく気だるい声は非常に特徴的で魅力があります。この声だけは素晴らしい。

 CDならとても安く出ていますが、ジュリーの声がレコードほど情感をもって再現できるかは怪しいです。昔の曲はやっぱりレコードで聞くのが感覚的にもあっています。

 ジュリーの声は素晴らしいのですが、全体にノイズがあったり当時の録音があまり良くなかったのかもしれませんね。

s300_300_DSC_201907_0341.JPG

 でもこれは真夏の日中に聴くのはちょっと違うかも。曇りの日か雨の休日、または夜遅くといった場がいいように思います。レーベルはリバティーレコードです。また聴いてみよう。


posted by キラリ at 20:03| Comment(0) | TrackBack(0) | レコード

2019年06月01日

番外編 ソニー ACアダプター AC-110

2019年6月1日(土)
 番外編が続きますがご容赦を。
 ソニーのラジオ ICF-1100(THE 11)の純正ACアダプターを入手しました。
型番:AC-110
定格出力:DC4.5V 300mA
中心がマイナス、周囲がプラス極性で、多くのACアダプターとは逆なので注意が必要です。

s500_375_DSC_9468.jpg


 コードはさすがに経年劣化が見られますが、本体は変形もなく綺麗なものです。当時ものなのでトランス方式と思われます。

s500_375_DSC_9473.jpg


 まずは無負荷時の電圧を測っておきます。5.2V出ています。これで負荷(ラジオ)をつけて中間程度のボリュームにするとちょうど4.5V前後になるのでしょう。

 電池の場合は単2が3本ですから、無負荷で4.5V、放電終止電圧が1本0.9Vですから、3本で2.7V。乾電池の場合の動作電圧は4.5V〜2.7V前後となります。

 なので、純正以外のACアダプターの場合は、規格が4.5Vであっても、入手しやすい500mA出力だと電圧が6V以上出て高くなりすぎますから使用できません。無理に使用するとラジオの寿命を縮めます。

s500_375_DSC_9474.jpg


 コネクター部は取り替えてあるということだったので見てみました。きれいにハンダ付けされていたので問題ないようです。

s500_375_DSC_9487.jpg


 セットして鳴らしてみました。ACアダプターを使うと、小出力の地元FMコミュニティー局がアンテナを上げなくてもきれいに入りました。

 最近の電池は容量を増やすために金属ケースをギリギリまで薄くしてあるそうで、液漏れが早いと思います。液漏れすると電池受けを腐食させてしまいますから、ACアダプターの方が安心感があります。

s500_375_DSC_9483.jpg


いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ
にほんブログ村
にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ
にほんブログ村
にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

音楽(ジャズ) ブログランキングへ







posted by キラリ at 15:16| Comment(0) | TrackBack(0) | あらかると

2019年05月19日

番外編 ナショナル ワールドボーイ RF-858D 特殊なACコード 聴き比べ

2019年5月19日(日)
 以前から持っているワールドボーイ RF-858は、単2乾電池3本のほか。AC100Vでも動作するのです。ところがACコードが付属していなく、また特殊な形状のため代用できるものがなくて100Vでは使えないのでした。

 今回、中古市場でACコード付きのRF-858Dを見つけ、ラジオ自体は858Dより858の方が好ましかったため、ACコード欲しさだけで入手したようなものです。

 まずはRF-858Dです。回路はRF-858とほぼ同じとのことです。見た目のデザインが若干異なるほかは、基本ベースは変わりません。

s500_375_DSC_9300.jpg


 特徴的な4連スイッチも同じです。美品ですね。

s500_375_DSC_9318.jpg


 スライドスイッチも綺麗なものです。音量の変化もガリもなくスムーズでした。

s500_375_DSC_9317.jpg


 電池受けもピカピカです。ここが腐食しているラジオは、電池が液漏れして放置されていたものですから、部品取り以外には購入しないほうがいいです。

s500_375_DSC_9324.jpg


 問題のACコードです。先端が小さいのが分かります。

s500_375_DSC_9290.jpg


 外径で約11mmです。M16という表示が見えます。

s500_375_DSC_9279.jpg


 メガネの中心間は約5.5mmです。

s500_375_DSC_9287.jpg


 このように入ります。単2電池が入っていると、電池の給電が自動的に切れてACにつなぎ変わります。

s500_375_DSC_9305.jpg

 極上品と言えるRF-858Dでした。48年前のラジオがここまで綺麗に保管されていたなんて信じがたいです。画像にはありませんが、ワールドボーイ独特の軟質塩ビの黒いケースも付いていました。

 RF-858D、RF-858、ソニーICF-1100の3台が並んで。すべて昭和46年ごろの商品ですから48年経過して、すべて動作品です。当時のMade in Japanは素晴らしいですね。ICF-1100も、ソニースイッチと言われるようになる15年ほど前です。

s500_375_DSC_9315.jpg


 同じ858だから音も同じだろうと思っていたら、858Dの方が音がよく感じたのですが、何度も聞くとやはり858の方がいいかも。中波、短波、FMともによく受信できます。アンテナもきれいに伸びています。

 RF-858シリーズのACコードは、単体ではまず入手できません。単体で売られているACコードは、パナソニックのビデオデッキなどに使用したもので、大きさが遥かに大きくて858には入りません。ACコードが売られていたら、メガネの中心間の距離を聞いてみましょう。約5.5mmです。ACコードが付属したRF-858Dが狙い目です。

PS
 また聴き比べを作ってみました。あまり出来が良くないのですが、興味のある方はどうぞ。ソースは、FMかほく(78.7MHz)で毎時25分に流れる気象情報のバックの曲です。858も良いし、ICF-1100が一番いいかも。



 古いラジオだし、クオーツロックなんてない時代ですから、しばらく聞いていると同調が少しずれていくのが分かります。AFCスイッチ(オートフリケンシーコントロール)を入れると比較的安定しますが、周波数のズレとともに雑音が入ります。

 RF-858は高音もでて華やか(賑やか?)な音でした。RF-858Dはこれを意識的に少し修正したのか、おとなしい音です。この時代のソニーは本当にいい音でした。その日の気分によって使う機種を替えるのも一興です。


にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ
にほんブログ村
にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ
にほんブログ村
にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

音楽(ジャズ) ブログランキングへ







posted by キラリ at 14:33| Comment(0) | TrackBack(0) | あらかると

2019年04月29日

コーラル CX-5

2019年4月29日(月)
 コーラルCX-5という3ウェイスピーカーが1970年代にあったのですが、若い頃に持っていて、18年ほど前にハードオフで手放しました。売値は500円ほどだったと思います。

 当時の画像はないのですが、25cmウーハー、セミハードドームスコーカー、ハードドームツイータの密閉型スピーカーでした。

 これが最近、とあるオークションに出ていたのです。次はその時の画像です。

s350_294_coral_cx-5_02_.png

 懐かしかったです。私が入手したのは1978年(昭和53年)。新品に近いものを友人から譲り受けました。サランネットは紺色でした。グレーのウーハーがかっこよかったです。

 密閉式のウーハーはきれいな低音を出していました。ただ、中高音はコーラルの音そのものです。繊細ではありますが、好みが分かれますしソースを選びます。ちょっと私の好みではありませんでした。

 コーラルのスピーカーユニットは自作向けで、よく雑誌に製作記が載っていました。FLAT8やFLAT10などのダブルコーンは人気でしたし、10CX-50などのコアキシャル型は憧れたものでした。2008年の記事に10CX-50のことが書いてあります。

 今、Youtubeでこれらの音を聞いてみると、ちょっと好みとは違うことが買わなくても分かります。いい時代ですね。

 さて、そのオークションは2万円以上で終わっていたのでびっくりしました。今売ればよかったのかも。

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ
にほんブログ村
にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ
にほんブログ村
にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

音楽(ジャズ) ブログランキングへ








タグ:CX-5 コーラル
posted by キラリ at 13:56| Comment(0) | TrackBack(0) | コーラル

2019年04月21日

ラジオ 音較べ ワールドボーイ vs The 11

2019年4月21日(日)
 昨日アップしたラジオですが、それぞれの音を撮ってみました。音源は、コミュニティーFM局「FMかほく 78.7MHz」の天気予報で使われている曲です。Youtubeにアップしたので聞いてみてください。1分半ほどです。

 デジカメS120で三脚を使って動画を撮りました。音はラジオのスピーカーから出ている音のままです。音が大きすぎたようなのでボリュームを絞ってお聞きください。



 動画編集は、CorelのVideoStudio2019です。PaintShop2019と同じメーカーです。機能が多すぎて解説のWebサイトを見ながらでないとまだ使いこなせません。

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ
にほんブログ村
にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ
にほんブログ村
にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

音楽(ジャズ) ブログランキングへ









posted by キラリ at 19:25| Comment(0) | TrackBack(0) | あらかると
スポンサードリンク