スポンサードリンク


2016年06月14日

ホーンツイーター フォステクス FT40H アルニコ

2016年6月14日(火)
 ホーンツイーターを新たに購入しました。フォステクスFT40Hです。ずっしりと重いです。1978年には商品として存在していたようなので、40年近く前のものかもしれません。こういう年代物の良い商品は大好きです。

s400_266_DSC_0843.jpg


巨大なマグネットです。アルニコです。アルニコとは、アルミ・ニッケル・コバルトの合金で鋳造で作られ磁束密度が非常に高い性質があります。
s400_266_DSC_0848.jpg

ちなみにフェライトマグネットは、酸化鉄を主成分として、陶磁器のように焼き固められたもので、割れやすく加工ができません。磁束密度はアルニコよりかなり小さいため大型にする必要があります。メリットは安価で経年劣化が少ないこと。


長さは13cmほど。半分はホーンです。本格的な形をしています。
s400_266_DSC_0846.jpg


いい形ですね。
s400_266_DSC_0850.jpg


FOSTEXという刻印があります。
s400_266_DSC_0851.jpg


中古なのでとりあえず音が出るか確かめてみました。良好です。やや太めで乾いた音に感じました。これは楽しみです。
s400_266_DSC_0855.jpg


今日はここまでです。重いので段ボールバッフルには取り付けられません。MDFボードを100円ショップで購入してあるので、既存のツイータの場所にちょうどおさまるようにバッフル板を作りましょう。久しぶりの工作です。これはまた後日に。

 蛇足ですが、エッジを軟化処理した25cmウーハーは素晴らしい低音を響かせています。バスレフらしく豊かでスケールの大きな重低音が出ています。軟化処理前とは雲泥の差です。チェビオットの低音を思い起こさせてくれます。








posted by キラリ at 21:17| Comment(0) | TrackBack(0) | ホーンツイーター

2016年06月05日

サンバレーSV-3 真空管の取り換え後は

2016年6月5日(土)
 昨夜、サンバレープリアンプSV-3の真空管がマイクロフォニック現象と判明し、真空管を取り換えました。今日、LPを聴いてみると、アンプをコツコツしてもスピーカーから音が出ることはありませんでした。そのうえ驚いたことに、ザザザーと出ていた耳障りなノイズまでピタリと止まりました。これにはびっくり!

 ノイズが出るのはボリュームに違いないと、プリやパワーのボリュームを左右によく回していたのに、原因は球だったのですね。今は、ボリュームを回してもノイズは全く出ません。ノイズはSV-501SEのころからあったので、もう数年前から真空管が傷んでいたのですね。

s400_266_DSC_0725.jpg


 さて、今日はジュリーロンドンのLPを聴きました。ジュリーロンドンは、1926年9月26日米カリフォルニア州サンタローザ生まれ。2000年10月18日に74歳で逝去しています。

s300_300_DSC_0736.jpg


 このレコードは1958年に録音され、1984年にリバティーレコードから再発売されたようです。モノラル盤です。スピーカーの中央にジュリーの声がふわっと浮かび上がります。低めのハスキーボイスが何とも言えないいい雰囲気を醸し出し、うっとりしてしまいます。ハスキーの空気感を感じられるのは、ホーンツイータの威力かもしれません。もうコーンには戻せません。オリジナルに戻した真空管6DJ8は、さっぱりした音です。飾り気のない音で、これはこれでいいかもしれません。

s400_266_DSC_0733.jpg

 ジュリーは、ロサンゼルスに移住した15歳で、その美貌を評価され芸能界にスカウト。21歳で役者のジャック・ウェッブと結婚し二人の娘を出産したが、27歳で離婚。1950年代になって歌手に転向。ジャズピアニストのトゥループの指導で本格的なジャズシンガーとしてスタート。33歳でトゥループと結婚。1964年5月28日には来日も果たしているとか。

 やはり魅力は美貌とともにそのハスキーボイスだそうです。アルバムは30枚も出ているらしいですが、私が所有しているのは「メイク・ラヴ・トゥー・ミー」1枚だけです。

 ソニーロリンズとジョンコルトレーンのことはさらに次にします。






posted by キラリ at 11:25| Comment(0) | TrackBack(0) | サンバレー

2016年06月04日

プリアンプをたたくとスピーカーから音が出る

2016年6月4日(土)
 今日はソニーロリンズ、ジョンコルトレーン、ビルエヴァンスのLPを聴き比べました。でもそのときに、プリアンプのサンバレーSV-3のボディーに手が触れたとき、スピーカーからコツンと音が聞こえたんです。SV-3のボディーを指先で突いてみると、そのたびにスピーカーからコツン、コツンと音が出ます。アンプが振動を拾っています。

s400_266_2007_0801_006.jpg

 ネットで調べると、ヒットしたのがこちらです。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q10134422895



-----引用 ここから----------------------------------------------------

初段管のグリッドの振動に起因するものです。
初段管を耐震性の高いものに交換すると改善します。
「12AX7互換球 耐震性」で検索するとヒットします。


真空管の「マイクロフォニック」と言う現象です。
テスト方法として電源を入れた状態で、割りばしなどでごく軽く叩いてください。マイクロフォニックの出た真空管はもう使えません。危険物として捨ててください。


一番影響の多いのは初段管ですが、マイクロフォニック現象は全ての真空管で発生します。

----引用 ここまで-----------------------------------------------------

 マイクロフォニック
http://www.op316.com/tubes/tips/tips4.htm


 かなり現象は進んでいるようで、アンプの箱、内部の配線、基盤、どこをたたいても音が出ます。指先でコンコンたたきましたが、ネット情報にもあるように割りばしの先などでそっと叩くのが本当ですね。
 真空管を取り換えるしかないようです。SV-3は裏蓋の8個のビスを外します。

s400_266_DSC_0697.jpg


 外したところです。真空管は付属の6DJ8を取り外してE88CCに替えてあります。

s400_266_DSC_0700.jpg

 TESLA製E88CCはチェコ製で、以前サンバレーで販売されていた、コクマロをねらった球でした。2本で5,000円ほどだったと思います。もう8年も前です。
http://audio-world.sblo.jp/article/83004940.html
http://audio-world.sblo.jp/category/2707816-1.html


s400_266_DSC_0701.jpg


 そっと取り外します。

s400_266_DSC_0708.jpg


 付属していた6DJ8を取り出してきてソケットに差し込みました。

s400_266_DSC_0712.jpg


 外したE88CCです。いい音だったんですけどねー。

s400_266_DSC_0715.jpg


 ソケットの向きが悪いのか、セットすると球の名称が後ろを向いてしまいます。

s400_266_DSC_0718.jpg


 結果は、ボディーをたたいてもスピーカーから音が出なくなりました。大正解でした。でも、純正の6DJ8は味気ないんですよね。交換候補の球を探しましょう。ソニーロリンズ、ジョンコルトレーン、ビルエヴァンスの聴き比べは、また次に書きます。




posted by キラリ at 20:09| Comment(0) | TrackBack(0) | サンバレー

2016年05月29日

ホーンツイータ クライスラー SK-2169D その3

2016年5月29日(日)
 ホーンの音を聞きたくて、今日はレコード三昧です。やっぱこういうときはジャズですよね。マイルスデイビスの「サムデイ・マイプリンス・ウィルカム」。トランペットの響きが心地よいです。
 マイルスは裕福な環境で育ち、ジュリアード音楽院に入学しているんですね。キャノンボールの「サムシンエルス」も持っています。コルトレーンとも同時代で一時クインテットを構成していたり、その後はビルエバンスをメンバーに迎えたこともあるそうです。ちょうどセクステッド(6人編成)の時代のLPがこのサムデイ・・です。ジャケットにはコルトレーンの文字が見えます。
 時折り、カーンとなるシンバル(ベル?)の澄んだ音が印象的です。ホーンでは、トランペットを吹くときに息を吹き込む音にならない音が聞こえたり、収穫は大きいです。これはコーンやドームでは聞こえないかもしれません。

s300_300_DSC_0622.jpg

ウィズ ジョン・コルトレーン
s400_300_DSC_0622.jpg


 私がジャズを聴くきっかけになったのは、ビルエヴァンスのワルツフォーデビーを聴いてからでした。もう20年近く前になります。
 ビルエヴァンスの3枚目に買ったLPがこの「サンデー・アット・ザ・ヴィレッジヴァンガード」です。再販売版なのか新品でした。このLPは、スコット・ラファロのベースソロがふんだんに録音されています。まるでスピーカーの性能を試すような版です。DS-32Bは見事に弾むような低いベースを正確に再現してくれました。低音に関しては言うことなしです。
 ベースの弦の上を指が滑る音などの細かなニューアンスが聞き取れます。普及クラスのスピーカーではなかなかニューアンスが聞こえないんですが、DS-32Bは優秀ですね。

s300_300_DSC_0625.jpg


 ホーンの魅力がよみがえってきました。でも、SK-2169Dではちょっと物足りないかも。JBL 075あたりが欲しいです。かなり高価ですが入手したいところです。

s183_200_075.jpg





posted by キラリ at 22:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ホーンツイーター

2016年05月28日

ホーンツイータ クライスラー SK-2169D その2

2016年5月28日(土)
 5月最後の土曜。昨日はオバマ氏が広島を訪問しました。私は朝から久しぶりにオーディオ三昧です。先日入手したホーンツイータを取り付けてみました。気に入るかどうかわからないので段ボールに仮り付けです。

s400_266_DSC_0597.jpg

 左右を取り付け終わっていよいよ音出しです。曲はサリナジョーンズの「セイリング」。1曲聞き終わってもう1回リピートさせ、何気なく左右のツイータに耳を近づけてみると、何と右のツイータから音が出ていません。不良品だったかとがっかりして、試しに左右のツイータを入れ替えてみるとやっぱり右から音が出ません。ツイータは正常で配線かネットワークがおかしいようです。今まで気が付きませんでした。ずいぶん前からツイータが鳴っていなかったのかもしれません。

 ネットワークはツイータの奥にありました。きちんと配線が束ねられています。木の棒で端子や配線を突いてみると、ネットワーカのツイータからのコードが半だ付けされているところが接触不良のようです。突いていると音が出ます。半だ付けは面倒なのでとりあえず紙製の棒で束ねたコードを押して、音が出る状態でツイータを取り付けました。それが次の画像です。

s400_266_DSC_0616.jpg

 いずれ半だ付けしなおしますが、かなり奥なので半だごてが届かないかもしれません。裏板は釘で止められています。

s400_266_DSC_0613.jpg

 クライスラー SK-2169Dの音は、第一印象は繊細感のある音のように思います。 ただ、私の欲しい高音は、繊細さではなくて図太い高音なのです。

 もう7年前になりますが、山梨県北杜市にある「萌木の村博物館ホール・オブ・ホールズ」で、1800年代の大型のオルゴールによる演奏を聴いたことがあります。電気スピーカーができるはるか以前のオルゴール。菅原正二氏が「サウンド・オブ・ジャズ」で書いている、大音量の太い高音、エネルギーにあふれた圧倒的な高音というのを体感したように思います。タンノイ・チェビオットのホーンツイータはこれを満たしていました。

 1カ月ほど聴き込んでみないと本当のところは聴こえてこないかもしれないので、気長に楽しんでみます。

s600_338_DSC_0604.jpg






posted by キラリ at 16:12| Comment(0) | TrackBack(0) | ホーンツイーター

2016年05月25日

ホーンツイータ クライスラー SK-2169D

2016年5月25日(水)
 とにかくホーンの音が聴きたくて、中古のホーンツイータのペアを入手しました。クライスラー SK-2169Dという型番です。昔のテクニクスEAS-5HH17Gにも何となく似た感じのホーンです。こちらのSK-2169Dの方はフェライトマグネットです。DS-32Bのツイータをこれに置き換えてみようと思います。

s400_266_DSC_0552.jpg

 ホーンはダイカスト製のようですね。それなりに重量があります。
s400_266_DSC_0555.jpg

 DS-32Bのツイータ取り付け穴とは寸法が合わないので、工夫が必要です。とりあえず聴いてみたいものです。ネットでは悪くない評判だったのですが、どんなものでしょうか。
s400_266_DSC_0564.jpg


 取り付けは次の休日にする予定です。DS-32Bのツイータを取り外して、配線をつなぎ替えるだけ。ネットワークの定数も何も関係なし。満足できるかどうか、それから考えましょう。





 
posted by キラリ at 21:32| Comment(0) | TrackBack(0) | ホーンツイーター



スポンサードリンク