スポンサードリンク


2016年05月29日

ホーンツイータ クライスラー SK-2169D その3

2016年5月29日(日)
 ホーンの音を聞きたくて、今日はレコード三昧です。やっぱこういうときはジャズですよね。マイルスデイビスの「サムデイ・マイプリンス・ウィルカム」。トランペットの響きが心地よいです。
 マイルスは裕福な環境で育ち、ジュリアード音楽院に入学しているんですね。キャノンボールの「サムシンエルス」も持っています。コルトレーンとも同時代で一時クインテットを構成していたり、その後はビルエバンスをメンバーに迎えたこともあるそうです。ちょうどセクステッド(6人編成)の時代のLPがこのサムデイ・・です。ジャケットにはコルトレーンの文字が見えます。
 時折り、カーンとなるシンバル(ベル?)の澄んだ音が印象的です。ホーンでは、トランペットを吹くときに息を吹き込む音にならない音が聞こえたり、収穫は大きいです。これはコーンやドームでは聞こえないかもしれません。

s300_300_DSC_0622.jpg

ウィズ ジョン・コルトレーン
s400_300_DSC_0622.jpg


 私がジャズを聴くきっかけになったのは、ビルエヴァンスのワルツフォーデビーを聴いてからでした。もう20年近く前になります。
 ビルエヴァンスの3枚目に買ったLPがこの「サンデー・アット・ザ・ヴィレッジヴァンガード」です。再販売版なのか新品でした。このLPは、スコット・ラファロのベースソロがふんだんに録音されています。まるでスピーカーの性能を試すような版です。DS-32Bは見事に弾むような低いベースを正確に再現してくれました。低音に関しては言うことなしです。
 ベースの弦の上を指が滑る音などの細かなニューアンスが聞き取れます。普及クラスのスピーカーではなかなかニューアンスが聞こえないんですが、DS-32Bは優秀ですね。

s300_300_DSC_0625.jpg


 ホーンの魅力がよみがえってきました。でも、SK-2169Dではちょっと物足りないかも。JBL 075あたりが欲しいです。かなり高価ですが入手したいところです。

s183_200_075.jpg





posted by キラリ at 22:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ホーンツイーター

2016年05月28日

ホーンツイータ クライスラー SK-2169D その2

2016年5月28日(土)
 5月最後の土曜。昨日はオバマ氏が広島を訪問しました。私は朝から久しぶりにオーディオ三昧です。先日入手したホーンツイータを取り付けてみました。気に入るかどうかわからないので段ボールに仮り付けです。

s400_266_DSC_0597.jpg

 左右を取り付け終わっていよいよ音出しです。曲はサリナジョーンズの「セイリング」。1曲聞き終わってもう1回リピートさせ、何気なく左右のツイータに耳を近づけてみると、何と右のツイータから音が出ていません。不良品だったかとがっかりして、試しに左右のツイータを入れ替えてみるとやっぱり右から音が出ません。ツイータは正常で配線かネットワークがおかしいようです。今まで気が付きませんでした。ずいぶん前からツイータが鳴っていなかったのかもしれません。

 ネットワークはツイータの奥にありました。きちんと配線が束ねられています。木の棒で端子や配線を突いてみると、ネットワーカのツイータからのコードが半だ付けされているところが接触不良のようです。突いていると音が出ます。半だ付けは面倒なのでとりあえず紙製の棒で束ねたコードを押して、音が出る状態でツイータを取り付けました。それが次の画像です。

s400_266_DSC_0616.jpg

 いずれ半だ付けしなおしますが、かなり奥なので半だごてが届かないかもしれません。裏板は釘で止められています。

s400_266_DSC_0613.jpg

 クライスラー SK-2169Dの音は、第一印象は繊細感のある音のように思います。 ただ、私の欲しい高音は、繊細さではなくて図太い高音なのです。

 もう7年前になりますが、山梨県北杜市にある「萌木の村博物館ホール・オブ・ホールズ」で、1800年代の大型のオルゴールによる演奏を聴いたことがあります。電気スピーカーができるはるか以前のオルゴール。菅原正二氏が「サウンド・オブ・ジャズ」で書いている、大音量の太い高音、エネルギーにあふれた圧倒的な高音というのを体感したように思います。タンノイ・チェビオットのホーンツイータはこれを満たしていました。

 1カ月ほど聴き込んでみないと本当のところは聴こえてこないかもしれないので、気長に楽しんでみます。

s600_338_DSC_0604.jpg






posted by キラリ at 16:12| Comment(0) | TrackBack(0) | ホーンツイーター

2016年05月25日

ホーンツイータ クライスラー SK-2169D

2016年5月25日(水)
 とにかくホーンの音が聴きたくて、中古のホーンツイータのペアを入手しました。クライスラー SK-2169Dという型番です。昔のテクニクスEAS-5HH17Gにも何となく似た感じのホーンです。こちらのSK-2169Dの方はフェライトマグネットです。DS-32Bのツイータをこれに置き換えてみようと思います。

s400_266_DSC_0552.jpg

 ホーンはダイカスト製のようですね。それなりに重量があります。
s400_266_DSC_0555.jpg

 DS-32Bのツイータ取り付け穴とは寸法が合わないので、工夫が必要です。とりあえず聴いてみたいものです。ネットでは悪くない評判だったのですが、どんなものでしょうか。
s400_266_DSC_0564.jpg


 取り付けは次の休日にする予定です。DS-32Bのツイータを取り外して、配線をつなぎ替えるだけ。ネットワークの定数も何も関係なし。満足できるかどうか、それから考えましょう。





 
posted by キラリ at 21:32| Comment(0) | TrackBack(0) | ホーンツイーター

2016年05月01日

ビルエバンス LPレコード

2016年5月1日(日)
 ゴールデンウィークの日曜は曇り空の静かな日となりました。狭いオーディオルームに入りDS-32Bのエッジを触ってみると、全周が柔らかくなっていました。これはレコードを聴いてみなければと、久しぶりにビルエバンスのLPを2枚探し出してかけました。


「モントルーフェスティバルのビルエバンス」
p:ビル・エヴァンス, b:エディ・ ゴメス, ds:ジャック・ディジョネット。1968年6月15日、スイス、モントゥルー・ジャズ・フェスティヴァルのライヴ録音盤で、会場アナウンスから始まることで有名な盤です。メンバー紹介で、ビルエバンスのことはビレバンスと聞こえます。
レコード自体はヴァーヴレコードと書かれているものです。オークションで中古を買ったので出所がよく分かりませんが、ジャケットの画像がやや荒れた感じの盤です。
ビルエバンスのLPは多分10枚ぐらいあると思いますが、ポートレイトインジャズに次いで好きな盤です。

s300_300_DSC_0190.jpg


こちらは「アンダーカレント」
ジャケットに惹かれて買ったもので、紙ジャケ入りの新品の盤と思われます。ビルエバンスとジムホールによるピアノとエレクトリックギターのデュエット曲です。永遠の金字塔と言われていますが、私にとってはやや気だるい曲に聞こえます。もっと聞き込むと印象が変わるのかも。

s300_300_DSC_0169.jpg


レコードプレーヤーは昭和55年製のPL-30L。36年経ってもまだしっかりと動きます。感度の良いアームにオルトフォンMC20mark2のカートリッジ。

s300_300_DSC_0180.jpg



ついでにウーハーのエッジに軟化剤をもう一度軽く塗っておきました。エッジが柔らかくなった効果は絶大です。サリナジョーンズの「セイリング」をかけるとびっくりします。チェビオットの低音にはやや及ばない気がしますが、それは口径の違いかもしれませんね。本当に深々とした低音を楽しみたければ、30cm以上のウーハーが望ましいと思います。私は年齢的に1本30kgを超えるスピーカーはもてあますので、これでよしとしましょう。




posted by キラリ at 10:21| Comment(0) | TrackBack(0) | レコード

2016年04月23日

エッジ軟化剤を使用 DS-32B

2016年4月23日(土)

 ダイヤトーンDS-32Bの思いがけない音の良さは、今でもうれしい誤算だったと思います。もっと自然な低音を楽しむため、25cmウーハーの裏側からエッジ軟化剤を塗布して硬化したダンプ剤をスプーンで刮げ取ってやろうと思いました。それで今日決行したのですが。。。

 25cmウーハーは六角ボルトで止まっているだけ。これはレンチを使って簡単に外れました。ところがスピーカーユニットはびくともしません。しっかりとバッフルに張り付いています。ネットで調べると、ダイヤトーンはスピーカーをバッフルに強力に圧着してあるらしいです。カギ状の金具をボルト穴に入れて、ユニット本体を引き離そうとしても完全に固着しています。

s400_266_DSC_0205.jpg


 それならと、スコーカーを外してスコーカーの穴から手を入れてウーハーを押してやろうと思い、スコーカーを外して吸音材を避けてみると、きちんと囲まれて専用室になっています。

s400_266_DSC_0176.jpg


 万事休す。意気揚々とウーハーのダンプ材を刮げ取ろうと思っていたのに、あえなく敗退しました。ついでにスコーカーを写真に撮りました。

s400_266_DSC_0174.jpg


 非常に頑丈なアルミ筐体でできています。裏側にはダンピングテープが貼られていました。このスコーカーの取り外しにも少々力が必要でした。

s400_266_DSC_0180.jpg


 型番はPM-1041 Made in Japanです。

s400_266_DSC_0184.jpg

 
 スコーカーを元通り収め、エッジはV型なのでダンプ剤は表面に塗ってあるはずと、表面からエッジ軟化剤をたっぷりと流しました。濡れているのが分かりますでしょうか。

s400_266_DSC_0186.jpg


 ウーハーの方は裏側にダンプ剤が塗られているので、やむなく表面からエッジ軟化剤を塗りました。塗るときはスピーカーを寝かせてユニットは上を向くようにして塗った方がいいです。私は面倒なので立てたまま塗ったら、油性の軟化剤が垂れてしまいました。ウーハーの軟化剤は少しはじいていますね。

s400_266_DSC_0188.jpg

 
 軟化剤の作用は一時的なものなので、4カ月程度でまた塗り直さなくてはいけません。ダイヤトーンの布製のエッジ(クロスエッジ)は空気がエッジから抜けるので、エッジの裏側に粘性の高い液状のものを塗って気密性を高めるようにしてあります。ダンプ剤と言っていますが、振動を吸収するダンプ剤とは違い空気が抜けないようにするものです。これは4年前の購入当時の画像です。いまはピンク色がうすいベージュ色に変色していました。寿命のようです。

s20121109_p_01_018.jpg


 効果ですが、エッジ軟化処理をした後は低音の出方が明らかに違います。深々とした低音が、軽々と出る感じでとてもいいです。気分的には古いダンプ剤を完全に取り去って、硬化しない液体ゴムを塗りたいところです。ただし、ウーハーユニットの取り外しは簡単ではなく、あえてメーカーで密着させてあるらしいので、何度も取り外すのは避けた方がいいらしいです。

 年に数回エッジ軟化剤を塗るだけなので、お手軽簡便法で良しとしましょう。

P.S.
 こちらの方のブログに、ウーハーが外れないときは木片でたたくという方法を見つけました。次に作業意欲が高まったときに試してみます。

http://lifestyle.trend-ai.com/?p=12113



4月24日(日)
 木片でたたいてウーハーの取り外しを試みました。
 ちょっと力を入れて周囲をたたいてみましたが、外れませんでした。2周ほどたたいて止めました。無理をしてユニットを壊したら元も子もないですから。昨日から24時間経過したので、エッジ軟化剤をもう1回塗りました。まだエッジに固いところがあり、そこを重点的に塗りました。

s400_300_DSC_0172.jpg


 スコーカーもさらにもう1回ていねいに塗りました。

s400_300_DSC_0180.jpg


 ついでにツイータのエッジも塗ってやりました。これは効果は不明ですが。。

s400_300_DSC_0182.jpg


 今日はユニットを外す前提でいたので、スピーカーを寝かせていました。結果、ユニットは外れませんでしたが、エッジはこの方がずっと塗りやすかったです。塗り終わったらすぐにスピーカーを作動させるとエッジによく染みこむそうなので、クラシックとジャズを3時間ほどかけていました。バスレフダクトから低音が出ていてダクトをドライブできているようです。

s400_300_DSC_0190.jpg




ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村
にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村









posted by キラリ at 22:42| Comment(0) | TrackBack(0) | ダイヤトーン

2016年04月17日

ジュリーロンドン LP

2016年4月17日(日)
 熊本地震で被害に遭われている方には心からお見舞い申し上げます。
 雨の日曜日、外は強風が吹き荒れています。今日は久しぶりに午前中からLPレコードを聴いてみました。ジュリーロンドンとジョースタッフォードです。といっても10年近く前にオークションで買った2枚しかありません。

 あまり印象には残っていなかったのですが、今日聞いてみるととても素晴らしい盤でした。ジュリーロンドンはハッとするようなハスキーボイスが素晴らしいです。LP特有のノイズは感じられず、とても状態のいい盤で、ジュリーの声を存分に楽しめました。
 想い出のサンフランシスコ、モア、イパネマの娘、シャレード、ラヴ・レター、日曜はダメよなど全20曲が入ったベスト盤です。ジュリーのLPが欲しくなりました。

s300_300_DSC_0235.jpg


 ジュリーロンドンは1926年9月26日アメリカ・カリフォルニア州生まれ。親日家で再婚相手のボビー・トゥループとともに1964年に来日したこともあるそうです。再婚後は女優から歌手に転向しジャズのスタンダードナンバーを数多く歌ったそうです。2000年10月18日74歳で没。



 ジョースタッフォードのJO+ジャズは有名なナンバーですね。
 この盤はCBSソニーがジョーと何度も交渉した結果、ようやく原盤の販売権を獲得し、日本では19年ぶりに作られた盤だそうです。1979年発売。

s300_300_DSC_0217.jpg


 ジョースタッフォードは1920年11月12日アメリカ・カリフォルニア州生まれ。少女時代から歌い始め、ゴールドディスクを7枚も送り出しているポップシンガーですが、ジャズも歌える歌手だと言うことです。最大のヒット曲は「You Belong To Me」だそうで、LPで聞いてみたいものです。2008年7月16日90歳で没。


 聞いているのは相変わらずダイヤトーンDS-32Bです。とても音色がきれいでタンノイやB&Wにも似たテイストです。4年前にペアで1000円で買った中古スピーカーとは思えない味があります。久しぶりにネットを外してみたら、ツイーターのアッテネーターが-1dB絞ってあったので0dBに戻しました。ちょっと高音のレベルが上がりますが、年老いた耳にはちょうどいいでしょう。

s300_225_DSC_0213.jpg


 このツイータが紙臭くなくて、いい味を出すんですよね。

s300_225_DSC_0209.jpg

 でも、ホーンに変えてみたいという欲求はいつもあります。

s225_300_DSC_0200.jpg

 パワーアンプも5年前にヤフオクで買った型番もない中国製LM3886を使い続けています。以前はサンバレーSV-501SE(エレハモ300B)を使っていましたが、サンバレーの音を超えてしまったので501SEは処分して、以来LM3886を使い続けています。

 昨日はFMを聴きましたが、今日はレコードを満喫した日曜でした。





posted by キラリ at 12:55| Comment(0) | TrackBack(0) | レコード



スポンサードリンク